はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

食生活は大切です

 我が家には裏庭に渋柿が2本あります。

 毎年、干し柿にして食べていますが、とってもあま〜いのに上品な風味がお気に入りです。

 現代のお菓子を食べなれている子供たちも「おいしい〜」って食べてくれます。

 この極上の天然甘味は、無農薬・無肥料で無添加!

 ある意味、贅沢な食べ物ですね。

 いろんな効能もあるので、以下列記しますね。

1 胃腸を丈夫にしてくれて、腸の機能を高めてくれるので、下痢になりにくい。

2 干し柿のオレンジ色はカロテノイドで、優れた抗酸化作用があり、万病の元といわれる活性酸素を除去して癌や動脈硬化を防ぐ働きがあると言われています。

3 食物繊維がとても豊富なので便秘解消に効果が期待されます。

4 カリウムは細胞内の余分なナトリウムと水分を排出してくれます。血圧を下げる作用があり、高血圧予防に有効です。


hosigaki


hosigaki2


健康な生活

 『たけしのみんなの家庭の医学』を見ました。。。

風呂温度40度まで


 安全なお風呂の温度は40度までですって!(冬なら41度もOK)

 なぜ、驚いたかというと、いつもサウナのつもりで43度位まで追い炊きして熱々の風呂に10分位浸かり、そのあと冷水を浴びていたんです!!!

 それが、湯冷めしなくて、しかも健康に良いと確信していたんです。

 実験では、43度の風呂に10分浸かってもらった被験者の血液を採取して例の血液サラサラ検査をすると、血栓の原因になるほどの粘りのあるドロドロ血液になっていたんですwww。

 43度の温度では血液が変質して偽足?がいくつかでて、周りの血液とくっついてしまうようです。

 40度の風呂では血液サラサラのままでした。

 へたすると、血栓で頭の血管プッツン=オダブツになるところでしたよ。。。

 考えてみれば、36度台の体温より湯温を上げすぎでしたね。

 湯温を徐々に上げていくのは体にいい入浴法だそうです。(もちろん43度未満で…)

 浴室の温度も冷たすぎるのは危険なため、入る前に浴槽のふたをせずに浴室の温度を上げるとか、温水シャワーを浴室に撒くのもいいようです。

 40度くらいのお湯で長湯が健康にいいのかな。

 そのほうが身体の芯まで温まるようですね。

健康な生活

 昨年(2010年)の9月にヘルニアの手術をしました。

 ヘルニアって、腰や背骨の症例かと思ったら、いろんなヘルニアがあるんですね。。。

 わたしの場合、右鼠蹊部(そけいぶ)ヘルニアでした。

 いわゆる「脱腸」っていうやつです。

 腸が飛び出したんですね。

 ヘルニアとは本来あるべきところから出てしまうことみたいですね。

 スポーツジムで重たいものをもって頑張りすぎたせいかも。。。

 医者の話では、腸がでてる隙間はユルユルなのでそのまま放置しても問題ないケースが多いなんて言われましたが、ずーっとこのままでは、何をするにもちょっと力を入れれば「ポコン」と飛び出す腸くんと付き合っていたくないので手術を決心しました。

 ウィキペディアによれば・・・

 『ヘルニア(hernia)とは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指す。体腔内の裂隙に迷入したものを内ヘルニア、体腔外に逸脱したものを外ヘルニアと呼ぶ。腹部の内臓に多くみられ、例えば腹壁ヘルニアは、腹壁に生じた裂け目から腹部の内臓が腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出するものである。一般的に多いヘルニアは、鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(でべそ)、椎間板ヘルニアなどである。』

 ですって。

 鼠蹊部ヘルニアはシャッターのようになっている筋肉の隙間から腸が出てしまうようなんですが、この隙間がきついと腸が締め付けられて激痛が走り早く処置しないと腸が壊死してしまうようです。

 男性に多いようですが、男子が生まれる直前に精巣が腹腔から陰嚢へ移動する際に通るルートがあいているケースがあり、そこから腸がでてしまうんですね。

 医者からは普通にメスをいれる手術と臍から腹鏡を入れて手術するどちらか選択させられましたが、私は普通のメスを選びました。

 どちらもメッシュを当てて穴を塞ぐそうです。

 値段は外科が5万円くらい、腹鏡が10万円くらいだそうです。

 手術時間は外科が2時間、腹鏡は?忘れました。。。

 実際はわたしの場合、以前机の角に強くぶつけたところの筋肉に裂け目があったので、そこを縫合したりして3時間もかかってしまいました!

 下半身麻酔でしたが、だんだん麻酔が効いてきて痛みはないものの、物凄い力で下腹部をグ〜!って押さえられているようでズ〜っと歯を食いしばっていました。

 まあ、手術も無事終わり、経過も順調でしたよ。

 ただ、しばらくは血とか体液がキャン玉に流れ込んだようで、3〜5日間くらいは玉が腫れていました。(大きいときはソフトボール位!!!)

 あ!それから、4ヶ月くらいして驚いたことがあります。

 手術前に剃毛(ていもう)と言って、毛を剃るのですが、まもなく50歳の私は白髪も結構あったのですが、ナント!全部、真っ黒な剛毛が生えました!!!

 頭の毛はこうはならないんでしょうね。。。

PS:入院は一泊二日でした。日帰りの病院もあると聞いてびっくり!たしかに内臓を傷つけるわけではないので早いのかな。。。

 退院しても、傷口はズキズキして二日ほど痛み止めを飲んで寝ました。抜糸しなくていい糸を使用したので、後日楽でした。傷口も目立たなくて良かったです。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング