はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 世の中にはいろんな種類のサプリメントが出回っています。

 その用途も「毎日の食事だけで栄養が十分なのか不安」「病気に効くと聞いて毎日サプリメントを飲み続けている」「やせると噂のサプリを飲んでダイエットしている」など等、健康のためにサプリメントを利用しておられる方も多いと思います。

 2007年の国立健康・栄養研究所の調査では、幼児でも15%がサプリメントを利用しているという報告があります。

 毎日きちんと食事をしていても栄養補給という観点で、利用する方もいるようです。

 本当に必要なんでしょうか?

 ただ、サプリを飲めば安心というだけでなく、自分にとって本当に必要かどうかよく考えて服用されることをお勧めします。

 常に、疑問をもつことが大事です。

 なぜって、続けて服用するわけですから副作用等の心配を真剣に考えなければ後から後悔してもはじまりません。

 また、使う金額もばかになりませんね。

 さて、サプリメントを服用した場合に実際おきた出来事やニュース等を以下列記しますので参考にしてください。 

●肝臓に良いとされるウコンですが、肝機能が悪い方は肝臓が悪くなるケースあり。

●プロポリスなどはアレルギーを起こすケースあり。

●大規模試験の結果、ビタミンEやCを飲んでも「心筋梗塞」「脳梗塞」による死亡率は減少しない。

●アメリカやフィンランドなどで実施された調査によるとベータカロテン(ベータカロチン)やビタミンEを約5〜10年間摂取している群の方が、全く摂取していない群よりも肺がんの死亡率が高かった。

●ビタミンAを必要以上に摂取すると過剰症が発現します。特に妊娠可能な女性がビタミンAを大量に摂取すると胎児に奇形がでることが報告されている。

●サプリメントをとっていると安心してしまい、食事の内容がおろそかになり、ますますサプリメントが必要になってしまう悪循環に陥りがちです。

●天然由来成分をうたうサプリメントの中には製造過程で農薬などの有害化学物質が濃縮されている可能性があります。またその品質や純度を一定に保つことが難しいそうです。

●世界的に70以上の臨床試験が行なわれた結果の総合的な判断として、ベータカロテン・ビタミンA、ビタミンEの長期的な補給は死亡のリスクを上げ、ビタミンCとセレンは上げも下げもしない・・・。

 取り方しだいでは逆に健康を害してしまう人もいるようですね。

 サプリメントへの期待しすぎに注意すべきです。

 ビタミン・ミネラル等も食事からバランスよく摂ることが大事ですね。

【サプリメント注意点】

◎買う前にもう一度、本当に自分に必要か考える。

◎効果について科学的な証拠があるか。

◎安全性をしっかり調べる。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


花粉症対策

 今年(H22)は花粉症の症状がほとんど出ていません。???

 たしかに、ヤクルトは週5日飲んで腸の調子はいいです・・・。

 ・・・が、本格シーズンに突入すると、多少は鼻がグズグズしだします。

 でも、今年は、既に花粉情報では4ランクの3の「多い」ランクですが、グズグズどころか鼻がすこぶるスースーです!

 思い当たるふしは???

 そうです!昨年からスポーツジムに本格的に行くようになり、運動で汗をかいたあとは必ずサウナに入って帰宅していました。(週に2〜3回位)

 そんなことを考えて昨日もサウナに入ったのですが、たしかに100度近い温度のサウナ風呂は鼻がとっても乾きます。

サウナは花粉症に効く


 深呼吸すると、鼻の内部が熱さで痛いんです。

 でも、鼻は一生懸命粘膜を乾かさないように濡れてはいるんです。

 ・・・で、調べてみました。
 
 『週刊誌で読んだのですが、週二回程度のサウナが効くと読んで実行中です。体内から蓄積された花粉を輩出するそうです。週4回程度通ったら今年は不思議と花粉症に悩まされません。意外に効くような気がしますが皆さんは如何ですか?』(文章中略)

 『サウナ効果は免疫力を高めるという事が分かっています』(文章中略)

 などなど、報告がたくさんあるではありませんか!

 たしかサウナで発汗することにより免疫力を高めてくれますね。

 同じ環境に住んでいて、ストレスが少なく、体を使った仕事をしている親は花粉症ではないので、免疫力向上は花粉症の症状減少に貢献してくれるのかもしれません。

 そして、サウナは体内から蓄積された花粉を輩出してくれるというデトックス作用があれば、鬼に金棒ではありませんか!

 このまま、ヒノキ花粉時も大丈夫なら天国です!

 また、報告しますね!

 人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング
 

病気対策、改善など

 高血圧は、日本人の4人に1人が患っているといわれています。

 まさに現代病です。病名でいえば、高血圧症といいます。

 自覚症状のない生活習慣病なので、放っておけば、おそろしい動脈硬化や心臓病、脳卒中などを発症する危険性があります。

 今まで元気だった人が、高血圧の影響で脳の血管がプッツン!・・・でそのまま帰らぬ人になってしまったり、一命は取り止めても半身不随の人生になってしまったり、とっても恐ろしい病気です。

 結構、高血圧の薬を飲み忘れて上記になってしまった人をよく聞きますが、なってしまったら薬は絶対おろそかにしてはいけませんが、まず、予防することが重要ですね。

 自分の血圧をしっかり把握して、高血圧症の対策・予防を行ないましょう!

【高血圧症、簡単説明】 
 心臓が収縮し、全身に血液を送り出し、酸素や栄養を運搬しながら身体中をめぐり、また心臓へ戻ってきます。こうするには、一定の圧力が必要となり、これを「血圧」といいます。心臓が収縮し血液を送り出すときが最も高い血圧で、これを「最高血圧」、心臓が拡張して元に戻ったときが最も血圧が低くなり、これが「最低血圧」です。しかし、血管が詰まっていたり、狭くなっていると血液がうまく流れないため、もっと高い圧力をかけて無理やり押し流そうとします。このように高圧状態がつづいていることを「高血圧症」といいます。

 高血圧症は、動脈硬化を引き起こし、ひいては三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)の要因となります。

 高血圧は、原因が生活習慣によることが多いため、その改善も生活習慣をしっかり見直しましょう。

高血圧症の予防と対策

◎毎日の適度な運動(ウォーキング・足踏み等)

◎食事は腹八分目、よくかんで!

◎塩分の取りすぎに注意!(1日10g以下。醤油は塩分が多いので注意)

◎肉類、バターの取りすぎに注意!

◎干しいたけの戻し汁(シイタケ水)を飲もう!
 ※エリタデニンという成分は血圧やコレステロール値を正常に保つ効果があります。

◎ストレスを発散する趣味を持つ。(くよくよ悩まない)

◎野菜や果物をたっぷり食べて塩辛いものや甘い物は控える。

◎タバコは禁煙(無理ならできるだけ減らす)

◎急な寒さにさらされないこと。(真冬のトイレは気をつけましょう)

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング