はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたいダイエットメタボで歯周病?

 「メタボリック・シンドローム」って実は私も診断されてしまいました。

 40歳を過ぎても昔と同じ食事内容で量は多少減ってきました。

 でも、運動は軽くしかやらず、年齢と共に新陳代謝が衰えてきたせいか、ちょっと気を抜くと太ってしまいます。

 新規一転、最近はスポーツジムに通っています。

 ところで、メタボと診断された方の多くが、「歯周病」にかかっているといわれています。

 私も、最近歯医者に行きだしたのですが、逆に口臭が気になってきてしまいました。

 歯垢もちゃんと除去してもらったのですが、個人的には野菜不足かな?と思っています。

 歯ぐきが腫れて少し匂うんです

 1本1,300円もする薬用歯磨きも買ってきて試しています。

 メタボリック・シンドロームも「歯周病」もいつの間にか症状が進行していたのですね。

 この共通点が非常に危険なんだそうです。

 メタボが続いて、動脈硬化が発症する下地が整いつつあっても、ある程度進行しないと、自覚症状としてなかなか表に出ないですし、歯周病も、突然発症する病気で、症状が進行しないと、痛みを感じません。

 動脈硬化が原因で、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの循環器病は生命に関わる危険性のある重大な病気です。

 歯周病を放置しておくと、痛くてご飯が食べられなかったり、眠れなかったり、顔が変形してしまうほど腫れてしまったりして、最終的には歯を抜く必要が出てきます。 

 歯周病もメタボリック・シンドロームも、30代後半から50代の働き盛りの人が発症するケースが多いようです。

 なぜなのかは、忙しくて治療を受ける時間がないなどの理由で、放っておいてしまうからです。

 私も8年前に歯の治療をしてから、忙しさにかまけて歯医者に行っていませんでした。

 歯は悪いところが無くても、定期的に歯垢を取ってもらうだけでも、60歳過ぎてからの歯の状態が全然違うようです。

 今回、歯医者で徹底的に治療してもらい、今後は定期的に診てもらおうと思います。

 メタボリック・シンドロームは、多少太っている方のほうが長生きする傾向にある統計が以前示されましたが、放ってはおけませんね。

 メタボリック・シンドロームと診断されたら、生活の見直しと歯科を受診して、歯周病のチェックをしてもらいましょう。

 大事なからだです。

 体も口も、意識して改善しようとしないと、気がついたときは「ときすでに遅し」では、たいへんですよね。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


<<L-アルギニン 精力と筋肉増強健康になりたいのトップへ加齢臭(かれいしゅう)には柿渋石鹸(かきしぶせっけん)が効く!>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字