はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい食生活は大切です味の素(あじのもと)って怖いもの?

 味の素については、「グルタミン酸で出来てて、うまみの元」って位は知っていました。

味の素


 20年位前に、純粋すぎる化学物質だから摂らない方がいい、ってことも聞いていました。

 中華料理にはバンバン使われている・・・というのも、どこかで知りました。。。

 その位の知識で、ず〜っと最近まで生活してきました。。。

 行きつけの中華料理店の「中華丼」が大好きで「こんなに、おいしい中華丼はどこでも食べられないな〜。」なんて、思いつつ多いときは週に一度くらいは食べていました。

 いろんな野菜や魚介類が入っているから健康にも良いと思っていました。

 でも、食べた後、漠然と「なんか頭が重い・・・」

 「う〜ん。。。何が原因かな。。。」

 「今日は、なんかクラクラするな。。。」

 なんて・・・。まさか、中華丼が原因だなんて、思いもしませんでした。

 ある日、「ひょっとすると、中華にバンバン入れるという味の素が原因?」と思い、気になりだしてきました。

 そう考えて意識すると、中華丼を食べた直後から、症状が出るんですね!(鈍い

 化学物質に鈍感になってきているんですね。。。

 これは、一度調べてみないと!

 で!調べてみました。⇒★阿修羅♪

 どっひゃ〜!!!

 >「味の素」が「脳細胞を破壊する」

 とか、

 >出生直後は、この“関所”を閉じていないので神経毒物「味の素」はフリーパスで、未成熟脳を直撃する。この関門の完成は3才ごろ。「乳幼児に『味の素』を与えてはいけない」

 このことが本当なら、もっとPRしないと危ない!

 怖い話がゴロゴロかいてあります!

 あの症状は「中華料理店症候群」と呼ばれる急性中毒症状だったんですね。

 >よく食品の成分表に書かれている「アミノ酸等」これも同じような成分で味ぽん、めんつゆ、マヨネーズ、ソースに当たり前のように添加されています。

 だし類に多く添加されているということは、もし避けようとするなら、天然だしになりますね。

 家計と手間に直撃です!

 私は、こういった話は鵜呑みにはしませんが、中華丼フラフラの件で身をもって体験したので、今後注意したいと思います。

 別に食べなくても困らないので、食べないに越したことはありませんね。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


<<「うがい」の常識 ウソ ホント健康になりたいのトップへ生姜パワーがブーム>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字