はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい病気対策、改善などBMIの矛盾(内臓脂肪や体脂肪率が考慮されない)

 スポーツジムに週2〜3回通って、禁煙も成功した。。。

 健康になってきたな〜って思います。

 でも、一向に痩せないんです。(1年以上、元の体重と変わらない)

 ジムで汗かいてサウナ入って2時間半〜3時間位頑張っているのに。。。

 って、自分のことです。

筋トレ

 
 ご飯は3度、適量のつもり。間食はしない。

 なぜ???

 おそらく、寝酒が原因です。

 寝る直前まで、子供の面倒みたりパソコンしたりすると寝酒になってしまいます。

 晩酌するとやる気が無くなるタイプなもので・・・。

 日本酒2合か焼酎1合です。(つまみはだいたい無し)

 アルコールそのものがカロリー高いからだと思います。

 それでも週に1,2回はお酒を抜いています。

 でも、体重は落ちない。

 寝酒はアルコールカロリーがそのまま蓄えられてしまうんでしょうね。

 以前、一週間寝酒をやめたことがあって、そのとき1前迷僚鼎落ちて感動したことがあったため、寝酒が原因だって確信しました。

 でも、運動で筋肉はしっかり付いてきたのがわかりますし筋肉のほうが脂肪よりも重いので体重が平行線なのはあまり気にしていません。

 もっと、激しい運動をして、食事制限や寝酒をやめれば痩せるんでしょうけどね。。。

 そこまではチョッとね〜。

 内臓脂肪を減らすためにもう少し運動を頑張ってみるつもりです。

 で、BMIを調べてみました。

 BMIとは、国際的な肥満度チェックバロメーターです。

  BMI = 体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m]

  17.6以下:やせすぎ

  19.8以下:やせ気味

  22:理想体重

  24.2以上:過体重

  26.4以上:肥満

 わたしの場合、身長170cm、体重72kgなので、BMIは24.91です。

 BMIから見た標準体重は63.58kgです。(標準BMIを22として)

 昔の経験からいえば、たしかに体重62kg位のときは動作が軽かったです。

 でも、BMIはいろいろ矛盾があるようです。

【体脂肪率が考慮されていないこと】

 私のようなヘナチョコスポーツマンはともかく、ジムでムキムキに鍛えている人は、身長の割りに高体重(骨格がしっかりしていて筋肉質)で当然、低体脂肪率となりますが、BMIは肥満の判定となってしまいます。

 逆にひょろ高い人で、おなかポッコリ(隠れ肥満)のケースは低体重で高体脂肪率の場合が多くて、BMIは「やせ」の判定です。でも内臓脂肪タップリ肥満なのにメタボリック症候群として数値に表れにくくなる場合があります。

 最近のヘルスメーターは家庭用でも高性能なので、自分で体脂肪率を測定した方が有効かな?と思います。

 BMIが病気を推し量るツールとすることに疑問を唱える報告もあります。

 日本医療データセンターによれば、

 『BMIが19.8以下の「やせ」であっても、血糖値などの血液検査で、どれかの数値がメタボ健診の基準値を超えている人が、約4人に1人いる』

 これらの人は、心筋梗塞などになる危険性が正常な人の5倍にもなっているので、健康診断の検査値には十分注意してくださいね。

 結論として、いろいろな肥満からくる病気を、身長と体重の関係からはじき出すのは無理があるということで、BMIの結果が良くても安心しないほうがいいですね。。。

 血液検査や体脂肪率も考慮して総合的に判断すべきですね。

 BMIは大きなスケールとして、統計的に役立つかもしれないとも考えましたが、数値的に疑問があるものはやはり使ってはいけないですね。

 あ〜!

 あと、通称メタボ健診で腹囲を計りますが、ちょっと不満があります。

 診断基準は「腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上」で、これに血液検査で々盞貪∋藜前枉鎰9盞谿気里Δ粗鵑弔重なるとメタボリック症候群と診断され、運動や食生活の改善を中心とした特定保健指導の対象となるというものです。

 あくまでも腹囲計測は目安として、少しでも肥満による病気を未然に防ぐ目的かと思われますが、ここでも一見「やせ」でも内臓脂肪タップリの方は見落とされます。。。

 私の仕事場には腹囲がゆうに1mを超えそうな女性がいますが、血液検査はオールAだそうです。

 ただ長年、重い体重を支えてきた膝の骨はすり減り、体重を落とさないとやがて歩行困難になると言われているそうです。

 このことは、本当に人間の多様性を感じさせてくれます。

 一般的には「肥満」は病気をしやすいと言われていますが、数百万年?もの間、人類は飢えと戦ってきたわけで、ここ数十年で急激に肥満が増えてきて、病気との因果関係は簡単には表せないですね。

 まあ、肥満も度が過ぎると危険なことは確かだと思いますから気をつけましょう。

 メタボ気味な私としては厚生労働省の辻一郎東北大教授率いる研究班による40歳代のBMIと平均余命を調査した研究が光明です。

◎太り気味(BMI:25以上30未満)の人が最も長命である結果が得られた。

◎「太り気味」に次いで、「普通体重」(BMI:18.5以上 25未満)、「肥満」(BMI:30以上)、「やせ」(BMI:18.5未満)、の順で平均余命が高いことが判明した。

 適度な運動と食生活を実践していれば、結果チョイメタボでもしかたないかな???

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


<<ビタミンB6を含む食べ物で花粉症対策健康になりたいのトップへ中年太り予防に L-カルニチン+ CoQ10+ビタミンB1>>

トラックバック一覧

  1. 1. 体脂肪率が多目のBMI24.0〜25.9の男女とも死亡率が最も低かったと発表されました。

    • [脱脂粉乳世代.]
    • 2011年03月10日 21:44
    • 体脂肪率が多目のBMI24.0〜25.9の男女の死亡率が最も低かったと発表されました。 ( 3月8日 AFPより ) 変だな〜 メタボ健診では20〜24が適正と言いますよね。 検診では、体脂肪率の平均は、男性で15〜20%、女性で20〜25%と言われます。 肥満は男

コメントする

名前
URL
 
  絵文字