はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたいビタミン・ミネラル、アミノ酸ミネラルやビタミン 摂取時の注意点

 健康な毎日を送るためには、ミネラルビタミンは体に必要不可欠なことは多くの人がわかっていますね。

 私は、できるだけ日常の食事から本来の栄養素を摂取すべきかと考えていますが、忙しい毎日や他品目のおかずを用意することは現代社会では難しいですね。

 でも、食事内容は工夫することでかなりのビタミンやミネラルは摂ることができます。

 たとえば、雑穀米とか海草類とか豆類を頻繁に食べるようにすることです。

 普段から好き嫌いをせず、普通に食べていればそんなにビタミン類の欠乏症にはならないと思いますね。

 では、体に良いからといって、ミネラルやビタミンを大量に摂ったらどうなるのでしょう。

 答えは、ミネラルやビタミンをたくさん摂った場合、過剰摂取による障害がおきることがあります。

 詳しくは各ミネラルやビタミンのページで書くつもりです。

 総じて、必要以上に摂ったからといって、健康になるわけでもなく、逆に健康を害してしまうケースもあります。

 サプリメントでも同じようなことが言えます。

 ただし、どちらも腎臓や肝臓が十分機能していて、大量摂取といっても、たまに数倍の量を摂った場合でのことです。

 頻繁に大量摂取する方はめったにいないと思いますが、たとえばスポーツジムで筋肉ムキムキになりたいとか、現在のつらい病気の症状から抜け出したい一心で大量に摂取してしまうことが考えられます。

 このような場合、たとえば栄養過多で内臓脂肪がついて肥満になったり、個々の食品の微量な科学物質やサプリメントの不純物や毒素が量がまとまることにより、腎臓や肝臓が浄化しきれなくなる恐れがあります。

 いくら、安全と思っている食材や健康食品といっても大量摂取によるリスクは避けられません。

 身体に良いと思っていることが、逆に身体をいじめて疲弊させることになりますね。

 やはり、適量が大切です。

 漢方薬として処方された場合は、特に注意が必要です。

 「ほんらい薬は毒だ。毒を持って毒を制するのが薬である」と江戸時代の有名な医者である杉田玄白も言っています。

 漢方薬に使われている薬草には毒草も多くあります。

 少量の毒の成分で病気の症状を抑えたり改善させたりします。

 要領用法を良く守って摂取しましょう。
 
人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング



<<成人病を防いで健康な毎日には生活改善健康になりたいのトップへカルシウム摂取で健康>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字