はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい食生活は大切です「たけのこ」はとってもヘルシー

 親戚のたけのこは非常にえぐみが少なくて甘いです。



 その山は赤土です。しかも、竹をまびいて肥料もやっていました。



 自然薯は肥料分が少なくて硬い土を相手に伸びた芋のほうがねばりとか味があっておいしいのですが、竹の子は違うんですね。


タケノコ1


 昔から「たけのこを掘りはじめたら、お湯をわかしておけ」と言われるほど、手早く下ゆですることが大事です。



 親戚の家では大きな釜でお湯をぐらぐら沸騰させて、掘りたてをすぐにぬかでゆでて、ゆでたてをスライスして酢味噌で食べるのですが、絶品ですね。



 ところで、たけのこはヘルシーな低カロリー食品です。


タケノコ2


 低カロリーでダイエット食品なのはわかりますが、驚いたことにタンパク質や食物繊維、ビタミン類などの栄養素を豊富に含むのだそうです。



 今まで、栄養なんて無いと思っていたのに、たんぱく質や亜鉛とかたくさん含んでいるなんてビックリです。



 ダイエット食品としても注目ですね。



下ゆですることにより、あくが抜けて、新鮮さを保つことができます。たけのこを買ってきたら、すぐに下の手順で下ゆでしてください。



 1 皮付きのまま穂先の部分を斜めに切り落とし、さらに切り口から皮の部分を縦半分に1本の切れ目を入れます。



 2 たっぷりの水でぬか2にぎりと赤唐辛子3本を入れて、強火で沸騰したら落し蓋をして、弱火で1時間以上ゆでます。



 3 根元に竹ぐしがすっと通るようになったら火を止め、ゆで汁の中でそのまま冷まします。



 4 さめたらよく水洗いし、切れ目から皮を開くようにして皮をむきます。



 

たけのこのえぐみの成分は、ぬかに含まれるカルシウムと結合して中和されます。

 ワカメをよく一緒に煮るのは、おいしいという相性もありますが、ワカメのカルシウムがたけのこのえぐみを抜く役目も果たしているのですね。



 ・・・ということは、ワカメのほかにジャコとか小魚も一緒に竹の子と煮たものをいただくことがありますが、これはカルシウムが中和で減る分を補う目的?かな?

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


<<朝バナナダイエット健康になりたいのトップへオバマ氏にたばこを吸わせよう>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字