はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい健康な生活オバマ氏にたばこを吸わせよう

 次期大統領に当選したオバマ氏は禁煙宣言しているようですが、キンズレー氏のこの記事は喫煙者からみれば、隠れて吸ってもイライラ防止になるならいいんじゃない?って賛同の記事ですね。

 私の経験では吸いたいときに吸えなければかえってイライラしてしまいますから、やめれるなら、やめたほうが良いと思います。

 すっぱりやめられれば、ずーっと冷静さを保てると思うんですが・・・。

 やめると、タバコに関する余計な考えや不安がなくなりますから気が楽ですし、オバマさんも政治に集中できると思いますよ!

【2008.11.21 19:56産経ニュースより引用】
 【ワシントン=古森義久】米国のオバマ次期大統領は長年の喫煙者だったが、大統領選にのぞんでからは禁煙の決意を言明してきた。ところがオバマ氏を支援するリベラル系の著名コラムニストが20日、「彼にたばこを吸わせよう」という題のコラムで、大統領としての冷静さを保つためなら禁煙しなくてもよいではないか、と提案した。

 オバマ氏が学生時代から喫煙を続けてきたことは、同氏の自伝「父からの夢」にも再三、記されている。「私はタバコに火をつけた」とか「たばこの煙を吐いた」という記述が多いのだ。2004年に上院選に立候補したときも、報道陣のいないところで喫煙し、「オバマ氏の秘密のスモーキング」と評されていた。

 しかし、大統領への出馬を表明した昨年2月にはミシェル夫人に禁煙を約束したと言明し、ニコチン・ガムを服用して喫煙をやめると宣言した。

 オバマ氏が果たしてその後、完全に禁煙したかどうかは不明だったが、リベラル派で自分自身も「オバマ氏に陶酔してきた」と認めるタイム誌のベテラン・コラムニスト、マイケル・キンズレー氏が20日のワシントン・ポストへの寄稿で「たぶんオバマ氏は禁煙したとウソをついているようだが、それでも構わない」と書いた。

 キンズレー氏はこのコラム記事で、「オバマ氏自身は禁煙したと主張しているが、その証拠はあいまいだ。今年6月には本人がまだ禁煙に成功していないと認めていた」と書く一方、「オバマ氏との蜜月を保つ報道陣はあえてこの点を追及せず、マケイン候補には彼の顔の黒色腫についてさんざん質問してきた」とも述べた。

 キンズレー氏はさらに「オバマ氏がたとえ喫煙を続けていても米国民にそのことを明らかにする限り、私たちは許容すべきだ」と述べ、大統領としては若者の模範となるためタバコは止める方が好ましいが、「オバマ氏の冷静さは米国の財産であり、氏がその冷静さを保たせるために喫煙が必要だというのなら、われわれはオバマ氏にタバコを提供し、火をつけてあげて、あとは横を向いていよう」と書いた。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング



<<「たけのこ」はとってもヘルシー健康になりたいのトップへ「ターメリック」(ウコン)に含まれる成分から、記憶力を高める成分発見!!!>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字