はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたいビタミン・ミネラル、アミノ酸L-カルニチンの必要量

 L-カルニチンは日常、肝臓で少量(1日約10mg)が作られます。

L-カルニチン


 しかし、L-カルニチンは、20歳代をピークに加齢とともに減少し、体内で不足するようになります。

 飢えと戦っていた時代には加齢でL-カルニチンが不足しても、新陳代謝も同時に落ちてきますから「脂肪」をわざわざ燃焼加速してエネルギーを得なくても低カロリー生活では必要なかったのですね。

 普段食べている、卵・豆・野菜類にはほとんど含まれず、その多くは羊肉や牛肉などの食物から摂取されることになります。(日本人平均1日75mg)

 飽食な現代では肉をたくさん食べることはできても高カロリーとなってしまいます。

 例えば牛肉1kgには約700mgのL-カルニチンが含まれていますが、現実的にはそんなに食べることは普通の人ではありえませんね。

 かえって余分な脂肪を摂取することによって消化器系への負担を強いることにもなりますね。

 肉や食用油など、食事で食べた「脂肪」は食後少しずつ燃やされ4〜6時間後に燃焼のピークを迎えます。

 そのとき、L-カルニチンが十分体内にあると、L-カルニチンは食べた「脂肪」の燃焼を促進することが報告されています。

 言い換えると、より多くの脂肪が燃やされるため「蓄積」される脂肪が少なくなるといえます。

 ダイエットサプリとして注目されるのは当たり前ですね。

 サプリメントとして、L-カルニチンは「継続的に摂取することで力を発揮する」タイプになりますので、毎日続けて摂取することが重要なポイントです。

 生活習慣や体質で必要量は一律ではありませんが、一般的には200mg〜500mgの継続的な摂取が望ましいと言われています。

 その点からも、サプリメントで無理なく補給することをお勧めします。

 L-カルニチンを飲むタイミングについては基本的にはいつでも大丈夫です。

 L-カルニチンは筋肉を中心とした体内に毎日少しずつ貯めていくことが大切なのです。

 特筆すべきは、L-カルニチンの食品素材として安全性の高さです!

 1日あたり体重1 kgにつき200 mg(体重が50 kgの人であれば1000mg)を毎日生涯にわたって摂り続けても安全であると評価されています。

 仮に、大量摂取しても余剰分は尿中に排泄されますので安心ですが、逆に言うとお金の無駄使いですね。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


<<サプリメントは食品です!頼りすぎてはいけません!健康になりたいのトップへL-カルニチンの効果>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字