はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい>ミネラル


ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 健康は体内にあるビタミン・ミネラルなどが不足すると影響を受けます。

制がん


 では、どんな症状がでるの?

 今日は、亜鉛とセレニウム(セレン)に注目してみましょう。

 亜鉛の摂取量が増えるとセレニウムの吸収が低下するというバランスが成り立っています。

 亜鉛もセレニウムも抗酸化作用に強い影響を与えています。

 したがって、亜鉛を過剰摂取するとセレニウムが不足して制ガン性が低くなり、亜鉛が不足しても制ガン性が低くなることが知られています。

 適度なバランスの取れた摂取が必要ですね。

 また、亜鉛やセレニウムは水銀を体外に排出してくれる効果があります。

 他には、男性精液を生成するために亜鉛は必要です。1日の必要量は15ミリグラムと言われ、不足すると精子数が減少し、不妊症の原因となります。

 統計では、日本人男性が1日に摂取している亜鉛は平均で9ミリグラムと不足しています。

 【亜鉛を多くふくむ食品】

 ◎しいたけ・小魚・牡蠣・玄米・そば・帆立・たらこ・海藻・ごま・りんご・杜仲茶・数の子・抹茶・ココア・きなこ・卵黄・レバー

 【セレンを多くふくむ食品】

 ◎・かつお・まぐろ・ホタテ貝・かれい・鰯・牡蠣・わかさぎ

 このように、日本食に多く含まれています。

 近年、食生活が多様化して、しかも多忙な毎日で食事がおろそかになっている状況を亜鉛不足が物語っている感じですね。

 亜鉛なんかは男子精力にも関わりますから、「草食男子」なるお方は日本食を多く取り入れたらどうでしょう。

 亜鉛とセレニウムに限らず、ミネラル全般が相互補完している場合も多いので、不足しないように努めることが大切ですね。

 でも、ミネラルは微量要素ですから、サプリメントによる過剰摂取にはくれぐれもご用心を。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 健康な毎日を送るためには、ミネラルビタミンは体に必要不可欠なことは多くの人がわかっていますね。

 私は、できるだけ日常の食事から本来の栄養素を摂取すべきかと考えていますが、忙しい毎日や他品目のおかずを用意することは現代社会では難しいですね。

 でも、食事内容は工夫することでかなりのビタミンやミネラルは摂ることができます。

 たとえば、雑穀米とか海草類とか豆類を頻繁に食べるようにすることです。

 普段から好き嫌いをせず、普通に食べていればそんなにビタミン類の欠乏症にはならないと思いますね。

 では、体に良いからといって、ミネラルやビタミンを大量に摂ったらどうなるのでしょう。

 答えは、ミネラルやビタミンをたくさん摂った場合、過剰摂取による障害がおきることがあります。

 詳しくは各ミネラルやビタミンのページで書くつもりです。

 総じて、必要以上に摂ったからといって、健康になるわけでもなく、逆に健康を害してしまうケースもあります。

 サプリメントでも同じようなことが言えます。

 ただし、どちらも腎臓や肝臓が十分機能していて、大量摂取といっても、たまに数倍の量を摂った場合でのことです。

 頻繁に大量摂取する方はめったにいないと思いますが、たとえばスポーツジムで筋肉ムキムキになりたいとか、現在のつらい病気の症状から抜け出したい一心で大量に摂取してしまうことが考えられます。

 このような場合、たとえば栄養過多で内臓脂肪がついて肥満になったり、個々の食品の微量な科学物質やサプリメントの不純物や毒素が量がまとまることにより、腎臓や肝臓が浄化しきれなくなる恐れがあります。

 いくら、安全と思っている食材や健康食品といっても大量摂取によるリスクは避けられません。

 身体に良いと思っていることが、逆に身体をいじめて疲弊させることになりますね。

 やはり、適量が大切です。

 漢方薬として処方された場合は、特に注意が必要です。

 「ほんらい薬は毒だ。毒を持って毒を制するのが薬である」と江戸時代の有名な医者である杉田玄白も言っています。

 漢方薬に使われている薬草には毒草も多くあります。

 少量の毒の成分で病気の症状を抑えたり改善させたりします。

 要領用法を良く守って摂取しましょう。
 
人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


食生活は大切です

 私たち日本人は今、カルシウム不足に陥っている人がとても増えてきました。

 なぜでしょう。

 古来日本人は、米を主食として野菜や魚を副食にした食生活を送ってきました。

 カルシウムの多い、小魚や豆腐やひじきを毎日のように食べていたので、元来日本人はカルシウム不足とそれほど縁がなかったのです。

 しかし近年は、日本人の食生活の欧米化や、インスタント食品をとる習慣、外食の増大等で日本食を食べる機会が大幅に減っているのが現状です。

 牛乳にはカルシウムが含まれていますが、酵素がなくておなかを下したりする人はもちろん飲みませんし、普段から飲む人も少ないようです。

 日本の土壌は、外国のようにカルシウムを多く含んでいません。

 なので、日本で取れる野菜などもカルシウムが多いわけではありません。
 
 日本人は伝統的に魚を食べていて、しかも鰯(いわし)の「めざし」ように七輪で焼いて丸ごと食べる文化がありました。

 最近はカルシウム不足の症状を知らない人が多くなっている感じがします。

 カルシウム不足の症状は本人に自覚症状が薄いため、大きなトラブルを迎えるまで気が付かないケースが目立ちますね。

 それでは、カルシウムが不足すると、どんな症状がでるのでしょうか。

★骨の発育に支障・・・カルシウムが不足すると成長に支障がおきます。特に成長期の子供の場合にはカルシウムを適度に摂取しないと、十分な体格の成長が期待できなくなる事もあります。

★イライラ感を生み出す・・・カルシウム不足は間接的に、情緒をみだす原因です。仕事や勉強に集中力を欠いてしまいます。

★高血圧・骨粗鬆症(骨粗しょう症)・動脈硬化などのトラブルの原因・・・カルシウム不足が要因となりこれらの症状を引き起こします。

★血液バランスや血行が乱れる・・・運動することも大事ですが、カルシウム不足で手足の血行が悪くなり、ツリやすくなったり、手足がしびれやすくなります。

 以上のように、多くの人が意外とカルシウム不足には気がつかずに生活しているケースがあります。上記のような症状の人は医師に診察していただくことも重要ですが、普段の食生活を見直してみましょう。

【カルシウム不足の要因】

1 魚や野菜を普段からあまり食べない。

2 乳製品は普段食べない・飲まない。

3 インスタントやレトルト系の食事を摂ることが多い。

4 残業や仕事のストレスが多い。

5 スポーツやアウトドアとは縁が薄い。

6 生活のリズムが不規則だったり、睡眠不足ぎみである。

7 高血圧体質

8 妊娠中

9 喫煙(たばこの成分のタールが肺に付着します。タール成分は、異物ですのでこの異物を取り除こうとマクロファージが活動します。このマクロファージをコントロールしているのがカルシウムです。また、ニコチンはカルシウムの吸収を悪くしたりします。たばこを頻繁に吸えば吸うほどカルシウム不足になります。)

 以上で、生活習慣等による、カルシウム不足が多いことにお気づきと思います。

 カルシウム不足とわかったら、日常の生活を見直してみましょう。

 そして、カルシウムの多く含まれた食品を摂りましょう。

 でも、現代人は食事からカルシウムを摂ることが難しいため、食事中でいいのでサプリメント併用で補うと良いでしょう。

 マグネシウムも体のバランスを保つためには重要なミネラルです。

 カルシウムは吸収されにくいとされるため、カルシウム2対マグネシウム1が理想とされます。

 では、カルシウムの摂取が過剰になった場合は、どうなんでしょう。

 カルシウムの過剰摂取では、泌尿器系結石を起こしたり、マグネシウム、鉄、亜鉛等の他のミネラルの吸収を妨げます。

 では、カルシウムとマグネシウムを上手に摂取して健康な毎日を送ってください。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング

ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 総合的なビタミン・ミネラルの補助剤としてマルチビタミン・ミネラルというのがあります。

DSC01582


 このビタミン・ミネラルの効果としては、脂肪を燃焼させて、筋肉を維持することができます。

 ダイエット効果も期待されますね。

 筋肉において脂肪が燃焼され、マルチビタミン・ミネラルによって分解されるので体重が減少していくという効果があるのです。

 もちろん、パワートレーニングをすれば筋肉は脂肪より重いので体重は劇的に減少するわけではありませんが、体が絞れてダイエット効果はありますね。

 また、過剰摂取せずにバランスよくマルチビタミン・ミネラルを摂取することによって、他の栄養素(ビタミンB群、ビタミンC群など)との効果を併用することができ、毒素排出効果が強化されたり、解毒機能が強化されたりします。

 それが結果的にダイエット効果に繋がるということになるんです。

 次にマルチビタミン・ミネラルを摂取することによる免疫力への効果ですが、1回や2回摂取したところで何かしらの効果が期待できるとは思いませんが、3〜6ヶ月位長期に渡って飲み続けることによって免疫力アップの効果が出る可能性があります。

 それによって風邪を引く確立がいつもより低くなったという結果を出した人もいるほどです。

 サプリメントを摂取している人は、通常より頭痛や発熱の回数が少なくなったり、体調不良になる日も少なくなったりして免疫力がアップする効果を得ることができるということが分かりました。

 サプリメント自体は、補助食品として摂取することがいいと思いますが、ビタミンやミネラルは継続的に摂取することをお勧めします。^^

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング

ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 マルチビタミン・ミネラルとは、その名の通り、総合的なビタミン・ミネラルを摂取しようという考えのもとで開発されています。

 体内の必須ビタミンやミネラルを10種類以上バランスが取れるように配合して、サプリメントとして一度に手軽に取れるようにしたものです。

 バランスよく効率よく体調維持が出来るようになります。

 サプリメントとして「カルシウム」「マグネシウム」など一種類に特化しているものは効果が分かりやすいのですが、マルチと付いてしまって色々含まれてしまうと効果が人目では分かりにくいですね。

 しかし、サプリメントの先進国である欧米ではマルチビタミン・ミネラルこそがベーシックなサプリメントとして知られているために、サプリメント初心者はまずマルチビタミン・ミネラルからだという常識があるようです。

 サプリメントの素材は液体や粉末にした栄養素をカプセルにつめたものを使用していますが、このカプセルにするためには添加物を使用しなければならないという現実もあるようです。

 その為に拒否反応を示す方もいるようですが、それほど心配する必要は無いと思います。ただし気になるようであれば購入するときに、成分表をチェックするなどしてから購入するようにした方がいいですね。

 食材から多くの栄養素を摂取するとなると大変ですね。

 手軽さとしてはサプリメントも有効でしょう。

 毎日続けやすく継続的に摂取することが出来るため、サプリメントは非常に助かる補助食品なのではないでしょうか。

 しかし、あくまで補助食品として微量要素を補うつもりくらいが良いと思います。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング

ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 バストアップは、女性にとって、とても興味があるのではないでしょうか。

 バストアップするためには、ビタミンやミネラルがとても重要だそうです。

 バストアップするために、サプリメントなどをとる人が多いのですが、ビタミンやミネラルがサプリメントには多く含まれています。

 しかし出来れば、食事からこれらの微量栄養素を取得するのがいいのではないかと思います。

 サプリメントに頼りすぎると、体がビタミンやミネラルを食事から摂ることをしなくなることを聞いたことがあります。

 このことは、いずれ深く掘り下げるとして・・・とりあえずサプリメントはほどほどにしましょう。

 バストアップする方法としては、いろいろな方法があります。

 例えば『胸を大きくするための体操』『サプリメント』『マッサージ』などです。

 これらも相乗効果があるとは思いますが、一番大事なのはやはり綺麗な胸を作るための元となる食事ではないでしょうか。

 食事からバランスのいい栄養をとることが大事ですね。

 効果がありそうな食材を摂ることから始めてみるのがいいと思いますよ

 バストアップに効果があるといわれている食材を下記にいくつか挙げてみたので参考にしてみてください。

かぼちゃなどの緑黄色野菜・・・美容には欠かせないβーカロチンが含まれていたり、食物繊維が豊富に含まれています。この栄養素を美しいバストを作るためにぜひ利用してください。

柑橘類、緑茶、にんじん・・・バストアップに効果があります。どれも私達の食生活に取り入れやすい食材ばかりだと思います。またサプリメントなども手軽に摂取しやすいと思います。ぜひ摂取してみてはいかがでしょうか。

ザクロの果実・・・バストアップにとっても効果的。生果は手に入りにくいのでサプリメントを有効に使いましょう。


大きくなったら二度と戻ることがない豊胸・バストアップ法

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング