はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい>乳がん


病気対策、改善など

 乳がんの早期発見に大きな効果があると言われている、マンモグラフィ検査は、ごく早期の石灰化になっている乳がんを発見することができる乳房のX線検査のことです。

 しかし、その効果の裏には『マンモグラフィ』は『X線検査』ですからその被爆が心配ですね。

 ですからマンモグラフィ検査は妊娠中の方は例外を除いては受ける事が出来ません。
 
 また被爆の事を考えると何度も受ける事は望ましいことではありませんね。

 乳がんになる可能性が高くなってくる30歳を境にしてマンモグラフィを受けた方がいいと医師にすすめられる可能性があります。

 しかし、若ければ若いほど乳腺の密度が高いためにマンモグラフィではしこりが発見されることが難しいと言われています。

 若いうちには超音波検査が有効だと言われています。

 また、昔は乳房を鉄板のようなものではさんでマンモグラフィ検査を実施していたため、親の世代の人からは『痛い』という話を聞いたことがあるかも知れません。

 しかし、最近ではアクリル板のようなものではさむために昔のような痛みは無いと言われています。

 ただし個人差がありますが・・・。

 完全に痛みが無いとは言い切れないので、軽減するために月経が終わった乳房の張りや痛みが少ない時期に行うのがいいのではないかと思います。

 是非、マンモグラフィを有効活用して乳がんを早期発見するようにしましょう。

乳がん対策パーフェクトマニュアル最前線

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


病気対策、改善など

 日本女性の20人に1人が乳がんにかかるといわれているそうです。



 多いとは聞いていましたが、ここまで多いとは非常に驚きです。



 私の母も22年前に乳がんと診断されて左胸を摘出しました。



 幸いにも再発せず、現在に至っています。



 極端に水分を摂らない人でしたから、血が滞ったのでしょうか?



 がんは血の病気と言われていますよね。



 妻の友人で肉は一切摂らない人が乳がんになってしまいましたが、食事のバランスも関係するのでしょうか。



 早めの検診が大事ですね。



 2008年のピンクリボンデザイン大賞に輝いたコピー部門の「乳がんは勇気に弱い」は名キャッチコピーですね。[E:heart02]



【リボンマグネット 】財団法人 日本対がん協会 リボンマグネット【リボンマグネット】財団法人...



【10月1日19時44分配信 毎日新聞より引用】



 大手ポータルサイトのヤフーは1日、乳がんの早期発見や正しい知識などを啓発する「ピンクリボンフェスティバル2008」(日本対がん協会など主催)に協力し、トップページ全体をピンクのデザインにした。10月は乳がんの早期発見、診断、治療の重要性を啓発する「ピンクリボン月間」で、インターネット上でもさまざまな啓発活動が行われている。

 ヤフーのキャンペーンは今年で6回目。同社によると、乳がんは日本人女性の約20人に1人がかかるといわれる病気だが、正しい知識でセルフチェックをすれば、早期発見につなげることが可能。ネットユーザーに関心をもってもらおうと、「大切な方の笑顔を守りたい」と実施している。

 特集ページでは乳がんの正しい知識や医師による相談受け付け、乳がんと闘病中のミュージシャン、川村カオリさんからの「より多くの人に検査に行ってもらうにはどんな試みが効果的か」という質問などが設置されている。

 また、NTTレゾナントは、ポータルサイト「goo」で29日から「gooピンクリボンキャンペーン2008特集」を始めた。トップページ画面の左上から特集ページに入ることが出来る。

 「goo」のアンケートによると、乳がんの認知度は上がってきているものの、実際に検診を受けるなどの行動には移しておらず、キャンペーンは女性だけでなく男性にも知ってもらうことを目的としている。

 今年で4回目で、「あなたとあなたの大切な人たちへ。毎日の生活に『ブレストケア』を!」をテーマに、乳がんに関する正しい情報を掲載するほか、乳がんの診断を行う専門医がいる病院を紹介。ユーザー同士が意見や情報を交換できる場も提供する。【天羽孝博】



乳がん対策パーフェクトマニュアル最前線

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング