はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい>運動


ダイエット

 ドラッグストアのダイエット関連商品コーナーに健康茶やサプリメントとしてよく見かけるガルシニア。。。

 「食べたものを脂肪に換えにくくする作用がある」とされているダイエット食品です。

 なんか簡単にダイエットできそうで手が伸びそうですね。

 でも、注意してください!(こうやって調べている人は賢明ですね)

 ガルシニアについて順を追って説明していきますね。

 まず自生する地域ですが、インドやタイ、スリランカ、アフリカなどの熱帯地域に生えるマンゴスチンの仲間の植物です。

ガルシニア


 果実や果皮は柑橘類系の強い酸味があり、そのまま生で果実として食べたり、果皮や実を乾燥させてスパイスとして利用されています。

 ダイエット商品メーカーは・・・

 「自生地域で歴史的にガルシニアを調味料やカレーのスパイスや魚の酢漬けなどに日常的に使われている」

 ってことをアピールして、安全性が高い食品であるという宣伝戦略をとっているところも多々あります。

 さて、ガルシニアの成分をみていきましょう。。。

 ガルシニアの乾燥果皮中にはヒドロキシクエン酸(HCA)という有効成分がたくさん含まれています。

 ヒドロキシクエン酸という成分は、クエン酸よりも酵素と結びつきやすい性質を持っているので酵素と結びついてその働きを邪魔をして、

 「脂肪の生成が抑えられる=ダイエット」というわけです。

 ところが、平成14年3月1日に開催された薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会毒性・新開発食品調査部会合同部会において、検討がなされ、動物実験による毒性が確認されたとの報告がされたため、消費者が過剰摂取しないよう、適切な情報提供を行うことが重要という意見を厚生労働省から公表されました。

 詳細はコチラ⇒ガルシニア抽出物を継続的に摂取する健康食品に関する
情報提供について


 報告によれば、精巣毒性の本体は、ヒドロキシクエン酸(HCA)それ自体の可能性の高いことが示唆されています。また、動物実験を人間に当てはめると市販のダイエット食品(ガルシニア)の摂取目安量の10倍程度に値するようです。

 このダイエット食品を多少食べ過ぎても、急速に影響がでるとは考えにくいと思いますが、毎日ダイエットのため摂取する方は特に注意が必要ですね。

 無視できない毒性なんでしょうね。。。 

 私達は普段、食事から摂った炭水化物は、腸で消化、吸収された糖質(炭水化物)は、ブドウ糖に分解されます。その後、体のあちこちに運ばれ、エネルギーとして使われます。

 当然、食べ過ぎればブドウ糖が余り、グリコーゲンや脂肪として貯えられます。

 ダイエットは、摂取したエネルギーと消費したエネルギーをうまくコントロールすることですね。

 なので、食事を適量にして、適度な運動をすることがダイエット成功につながります。

 運動時には、クエン酸が体内のブドウ糖を効率よく燃焼してくれます。

 やはり基本的に生活習慣を見直した上で、どうしても更に効率を上げたい方はサポート的にガルシニアを使うのがいいでしょうね。

 私は心配ですから使いませんよ。。。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


スポーツとストレッチ

 いつも忙しさにかまけて運動不足に陥っていた私が、3年前に町内の運動会の長縄跳びで連続11回目で私が原因で止まってしまったことはショックでした。

 連続ジャンプをするのに息があがってタイミングがずれてしまったのです。

 そのときの惨めさといったら、消え入りたいくらいでした。

 意気消沈していた私に妻は、『友達がスポーツジムの受付をしていて、今なら入会料が無料になるから、始めてみたら?月に一万円近い料金だから頑張ってね。』と言ってくれました。

 意気込んで、入会を済まして翌々日から実践です。

 その日のうちに施設や機械の扱い等の一通りの説明は受けてやる気満々です。

 それでも、忙しいため仕事が終って帰りに寄る頃には21時半からとかになることが多かったのです。

 運動と精力でも、施設利用は22時半までで、23時までに出ればいいので、たとえば21時半に入って、1時間運動をして、速攻で20分風呂に入り帰宅することが可能なのでとても助かります。

 土曜日や日曜日は時間さえ許せば、4時間位スイミングや自転車、ルームランナー?各種フィットネス機械をやってゆっくりサウナや風呂に入って帰宅できます。

 運動をしだして一番ビックリしたのは、始めて2週間位で朝だちが起きたことです。

 40代後半にもなると、精力はあるつもりでしたが、いつのまにか朝からギンギンなんて考えられなくなっていましたから驚きです。

 それを裏付けるかのような報告があります。⇒スポーツ&フィットネス マガジン
    
 ところで、スポーツ前のストレッチは、とても大切ですね。

 当たり前のことですが、一人でやるとつい、おざなりになってしまう方も多いのでは?^^;

 ストレッチで十分身体を温めて、怪我の無いようにしたいものです。

 関節なんか痛めたりしたら、精力向上しても意味が無いですものね。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング