はじめよう。気軽にナチュラル&オーガニック生活「子供に安心して食べさせられる」食品宅配Oisix(おいしっくす)会員特典盛りだくさん!

健康になりたい>L-カルニチン


ダイエット

 中年太りって、嫌な言葉ですね。。。

 でも、若い頃より体重が10キロ以上も増えてしまい、自ら中年太りを認めざるを得ません。

 以前よりも風邪などをひきやすくなり、このブログを書きながらいろいろ健康になるための実践をしてきました。

 いつも「身体の新陳代謝が落ちてきてるんだろうな〜。。。」

中年メタボ


 なんて思いながら生活しています。

 過去記事で一向に体重が減らない悩みをとりあげましたが、試行錯誤は尽きないですね。

 ところで、脂肪を活発に燃焼してくれるL-カルニチンを思い出しました。

 L-カルニチンの効果   L-カルニチンの必要量

 同時に自身でも毎日飲みながらスポーツジムに通っていました。

 半年ほどで空になり新しいのを買わずに現在に至っています。

 反省点としては、ジムに行く直前に飲むのであれば良い方ですが、うっかり飲み忘れてて寝る前に飲んでしまうことも多かったです。

 本当は一日の始まりの朝がベストなんですね。一日中、L-カルニチンが身体を動かすときに一緒に脂肪燃焼を助けてくれるからです。(これからは、食卓に置いてみます)

 私が飲んでいたのはコレ
L-カルニチン 500mg 180カプセル


 サプリが少なくなってきて、ボトルに入っていた乾燥剤が使うたびに一緒に出てきてしまうため、邪魔でしかたなくて捨ててしまったら、終わりごろはなんかサプリがベトベトしてました。。。皆さん気をつけましょう!(そんなことするの私だけ?)

 さて、L-カルニチンについて整理してみます。

◎牛乳や牛肉、レバーに含まれているアミノ酸を原料に体内で合成されている物質で、骨格筋と心臓に最も多く含まれるアミノ酸の一種。

◎体内で合成する能力は加齢と共に低下していきます。体内のL-カルニチンは20代をピークに減る一方で、中年になると半減するとのデータがあります。中年以上の方は食事や栄養補助食品で、積極的に摂ったほうが良いですね。

◎L-カルニチンの他の重要な働きとして、健康な脳機能を維持してくれることです。
 L-カルニチンが不足すると、脳のアセチル-カルニチンが不足して、脳細胞が壊れやすくなります。多くの臨床研究からL-カルニチンは、痴呆症などのボケ防止に役立つという報告があります。(また飲み始めなくては・・・

◎生活習慣病の元凶になる内臓脂肪にも効果があります。筋肉で不足すると、非常に疲れやすくなります。

◎太る要因として油の摂り過ぎがあります。油は、人間の味覚を脳内で麻痺させ、おいしく感じさせます。なので、つい食べ過ぎてしまいます。特に、加工食品にはたくさん入っています。(ラーメン・レトルト食品・ハンバーガー・スナック菓子など)油は1グラムあたり9キロカロリーもあって吸収もいいため、中年を過ぎたら、脂を燃焼する効果のあるL-カルニチンをしっかり摂らないと、皮下脂肪が溜まってしまいます。

◎若い人は、肉等を食べる量も多いし、体内のL-カルニチン量も多いので、よほど激しい運動をしない限り、積極的に摂る必要はありませんが、40歳以上の中高年者は、1日100ミリグラム〜500ミリグラムは摂ったほうがいいようです。

◎L-カルニチンは運動を伴って初めて効果がでます。過激な運動でなくても自転車やウォーキングなどの酸素を取り込む運動(有酸素運動)をすると、体脂肪が燃えます。

◎L-カルニチンは体内に蓄積されるものではないため、毎日継続して摂ったほうが効果的です。

◎ダイエットやメタボ解消の目的でL-カルニチンを摂るならば、CoQ10と併用することをお勧めします。メカニズム的にL-カルニチンは CoQ10と摂ってこそ、中年太りの解消効果が期待できます。CoQ10も加齢とともに減少するので、CoQ10が不足すると体脂肪は燃えません。ビタミンB1も必ず一緒に摂ると、効果が上がります。

 以上です。

 私も頑張って、メタボ解消を目指します!

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング


ビタミン・ミネラル、アミノ酸

 L-カルニチンは日常、肝臓で少量(1日約10mg)が作られます。

L-カルニチン


 しかし、L-カルニチンは、20歳代をピークに加齢とともに減少し、体内で不足するようになります。

 飢えと戦っていた時代には加齢でL-カルニチンが不足しても、新陳代謝も同時に落ちてきますから「脂肪」をわざわざ燃焼加速してエネルギーを得なくても低カロリー生活では必要なかったのですね。

 普段食べている、卵・豆・野菜類にはほとんど含まれず、その多くは羊肉や牛肉などの食物から摂取されることになります。(日本人平均1日75mg)

 飽食な現代では肉をたくさん食べることはできても高カロリーとなってしまいます。

 例えば牛肉1kgには約700mgのL-カルニチンが含まれていますが、現実的にはそんなに食べることは普通の人ではありえませんね。

 かえって余分な脂肪を摂取することによって消化器系への負担を強いることにもなりますね。

 肉や食用油など、食事で食べた「脂肪」は食後少しずつ燃やされ4〜6時間後に燃焼のピークを迎えます。

 そのとき、L-カルニチンが十分体内にあると、L-カルニチンは食べた「脂肪」の燃焼を促進することが報告されています。

 言い換えると、より多くの脂肪が燃やされるため「蓄積」される脂肪が少なくなるといえます。

 ダイエットサプリとして注目されるのは当たり前ですね。

 サプリメントとして、L-カルニチンは「継続的に摂取することで力を発揮する」タイプになりますので、毎日続けて摂取することが重要なポイントです。

 生活習慣や体質で必要量は一律ではありませんが、一般的には200mg〜500mgの継続的な摂取が望ましいと言われています。

 その点からも、サプリメントで無理なく補給することをお勧めします。

 L-カルニチンを飲むタイミングについては基本的にはいつでも大丈夫です。

 L-カルニチンは筋肉を中心とした体内に毎日少しずつ貯めていくことが大切なのです。

 特筆すべきは、L-カルニチンの食品素材として安全性の高さです!

 1日あたり体重1 kgにつき200 mg(体重が50 kgの人であれば1000mg)を毎日生涯にわたって摂り続けても安全であると評価されています。

 仮に、大量摂取しても余剰分は尿中に排泄されますので安心ですが、逆に言うとお金の無駄使いですね。

人気ブログランキングへ応援クリックお願いします 人気ブログランキング